なぜ寿司は2カンずつ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

回転寿司でも、カウンターで座って食べる寿司でも、同じネタが2カンずつでてきます。
寿司屋で、気になったことがある方も多いのではないでしょうか?

まず、飯を握り、その上にネタがのっているという江戸前握り寿司を考えたのは、江戸時代の寿司職人である華屋与兵衛という人でした。
新鮮なネタを使ったこの寿司は、当時江戸の人達の中で大人気だったそうです。
しかし、当時の寿司の大きさはかなり大きかったらしく、女性や子どもでは一口で食べるのは困難だったようです。
その為に、一つの寿司を二つに切って出すようになったというわけです。

Tags:

カテゴリ : 飲食

 

このページの先頭へ