食後の薬はなぜ30分?

このエントリーをはてなブックマークに追加

「食事の後、30分以内に薬を飲む」
というのは当たり前のことのように今となっては感じるかもしれません。
なかには食後ということだけ考えているので30分という時間を意識したことがないという人もいるかもしれません。
食後の30分でも理由があるのですが、ご存じでしょうか?

まず、第一の理由に胃の中が空だと胃や腸の粘膜を刺激してしまう可能性があるということです。
また、それだけでなく胃や腸の粘膜を刺激してしまうこと以外にも理由があるようです。
もうひとつの理由が薬を飲み忘れないためだそうです。
食事ではなく、時間で薬を飲むというのは忘れてしまう人も多く出てくるかと思います。
そのため、食事のあとならセットで覚えやすいので忘れにくいですね。
食後に薬を飲むとだけ覚えておけば問題がないわけです。

Tags:

カテゴリ : 生活

 

このページの先頭へ