なぜオナラはでる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

人前でするのは恥ずかしいという意識が強いオナラですが、
そもそもオナラとはなんなのでしょうか?
人前で恥ずかしい思いをすると出る必要性はないのではないかと思った人もいらっしゃるかと思います。
今回のエントリーではオナラの正体について触れていこうと思います。

まず、結論から言うとオナラの正体は、大腸の中のガスです。
大腸内には、大腸菌などの細菌が何種類も住み着いています。
胃や腸で消化吸収された食べ物の残りカスが大腸に運ばれてくると細菌が活動しだし、
分解発酵させて続いて排泄の準備を整えます。
この時に生まれるガスがオナラです。
オナラが出るということは腸が活動していることを示す生理現象です。
その成分のほとんどは、炭酸ガスと水素と窒素です。
ちなみに、日本人のオナラの量は1日に0.5から1.5リットルの量を5回から20回にしているようです。
また、体外に放出することを放屁と言います。

Tags:

カテゴリ : 身体

 

このページの先頭へ