江戸時代にヒゲの生えた武士がいないのはなぜ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

目にする戦国時代の肖像画を見ると、ヒゲを生やした武将が多いのがわかります。
天下人にまで成り上がった豊臣秀吉はヒゲが薄かったために、つけヒゲをしたという話までがあります。
このように戦国時代の武将にとっては、ヒゲはとても大切だということがわかります。
しかし、江戸時代の肖像画を見ると、ヒゲを生やしている武士や大名がいないのです。
これは、なぜでしょうか?

この理由は、徳川幕府が「武士はヒゲを生やしてはいけない」という法を定めたからだそうです。
なぜ、ヒゲを生やしてはいけなかったのか…
これについては、戦国時代の遺風を嫌ったためといわれています。
しかし、テレビで水戸黄門がヒゲを生やしています。彼は副将軍だから特別許されたのでしょうか…?
これは、テレビだけの話のようで実際の黄門様はヒゲを生やしていなかったそうです。

Tags:

カテゴリ : 歴史

 

このページの先頭へ