「油を売る」の語源は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

「油を売る」というと仕事をサボったり怠けていることが浮かぶと思います。
それではサボることが「油を売る」というのはどういった意味から来たのでしょうか?

この語源は江戸時代に油屋が行商で油を小分け売りしていたときの名残と言われます。
当時の油屋は油は粘度が強いため、お客さんの器に入るまでに時間がかかったそうです。
ここで売っていた油は髪油という髪のつやをよくして、髪型を整えるために髪につける油をいいます。
髪油を売る油屋が婦女のお客さんと世間話をして長話をしながら時間を潰していたことから「油を売る」となったようです。
それから、サボることや怠けることが「油を売る」となったようです。

Tags:

カテゴリ : 言葉

 

このページの先頭へ