白バイはいつからある?

このエントリーをはてなブックマークに追加

今でこそ当たり前のようにある白バイですが、
今のような白バイが登場したのは大正7年からです。
ですが、当時は白バイは今のような白ではなく、ボディやハンドルまで赤色でした。
赤色のバイクは赤バイと呼ばれていたようです。
なぜ、赤色から今の白色になったのでしょうか?

まず赤色だったのは、当時は現在のような赤い派手な車はなかったからです。
時代が進むにつれ派手な色の車が増えてくると赤バイが目立たなくなってきました。
そこから明治11年に白バイが登場しました。

Tags:

カテゴリ : その他

 

このページの先頭へ