理髪店を「床屋」というのはなぜ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

理髪店のことを床屋という人もいるかと思います。
正式には理髪店は理容所といいますが床屋という人が多いですよね。
なぜ、理髪店を床屋というのでしょうか?

床屋という言葉が生まれたのは江戸時代のことです。
男の人の髪を結う髪結いが床店で仕事をしていたため「床屋」と呼ばれるようになったようです。
床店は商品を売るだけで人の住まない店のことを言います。
つまり移動することの出来る小さい店のことを床屋といいました。

Tags:

カテゴリ : 生活

 

このページの先頭へ