汗が体臭になるのはなぜ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

夏になると汗をかく量も多くなり体臭が強くないか、迷惑をかけていないか気になりますよね。
体臭と呼ばれるものによくあるのは、体から出る汗などの分泌物が体の表面の汚れと混ざって、細菌が発生し発酵するために起こります。

汗をかいて不潔な状態にしておいたために、匂いが発生しています。
体臭を消す方法としては、汗をかきやすい季節には風呂に入り、
下着を変えるだけで体臭の殆どが防ぐことができます。
また、眠ってる間にも多くの汗をかいています。
出来れば朝風呂に入り、シャンプーや石鹸などはデオドラント効果のあるものが良いでしょう。
更に、汗をかきやすい脇の下などにパウダーをつけると、
発汗を抑えることができ、肌をサラサラにする効果があります。

Tags:

カテゴリ : 身体

 

このページの先頭へ