信号が赤で「止まれ」の理由は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

信号が「赤」で表示されているときは「止まれ」というのは小さい頃から習うことです。
ですが、なぜ赤色だと「止まれ」なのでしょうか?
赤であることに意味を持っているのでしょうか?

これには科学的な根拠があり決められています。
色には波長があり、この長さが長いほど人間はそ色に気がつきやすくなります。
信号の色は、どの色も波長が長いので遠くからでも見えやすくなっています。
赤色は視神経を強く刺激する色でもあるので、
運転手や歩行者に注意を呼びかけることができます。
そういったことから信号機が赤色になったと言われます。

Tags:

カテゴリ : 生活

 

このページの先頭へ