なぜトンカツなどにキャベツがついている?

このエントリーをはてなブックマークに追加

トンカツ、エビフライなど洋食屋でフライ系統のものを頼むと、必ずといっていいほどキャベツの千切りがくっついてきます。
野菜ならレタスなどもあるんだから、他の野菜でも良いはずなのに…。
いったい、なぜフライ系統とキャベツなのでしょうか?
このような疑問を持った人も多いはずです。

西洋からの伝わりから

実は、日本人が食事のときに生野菜を食べるようになったのは明治時代以降だそうです。
それまでの野菜の食べ方としては、煮物や漬物などの料理法だったそうです。
しかし明治では、西洋から様々な料理が伝わって、野菜を生で食べるという情報も仕入れたようです。
ですが、野菜を生で食べるということに抵抗を感じる人が多く、料理屋の主人達は苦労しました。
そんな中、唯一生で食べる野菜で食べやすかったのがキャベツだったようです。
そういった理由があり、フライ系の食べ物にはキャベツの千切りが添えられるようになったようです。

Tags:

カテゴリ : 飲食

 

このページの先頭へ