ゲートボールはなぜ老人のスポーツ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

1チーム5人で競う日本発祥のゲートボール。
スポーツのなかでも老人のスポーツという印象を特に強く持たれている人も多いのではないでしょうか?
なぜ、老人のスポーツという印象を持たれるようになったのでしょうか?

ゲートボールは老人のスポーツというイメージが強いのですが、
もともとは子供向けのスポーツとして情報教育の一環として考えられました。
原形はフランスのクロッケーで用具も少なくて、場所もとらないことから始まりました。
それから運動量が少なく、集団で楽しめることから老人向けになっていったと考えられます。

Tags: ,

カテゴリ : スポーツ

 

このページの先頭へ