なぜ電話で「もしもし」と言う?

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本ではビジネスの場は別として、多くの場合は電話の最初の言葉は「もしもし」です。
電話をかけると、多くの人が「もしもし」と言いますが、なぜ電話の始まりは「もしもし」という言葉から始めるのでしょうか?

「もしもし」の語源として最も信憑性が高いのは、電話で話し始める前に「これから話をします」という意味で、「申します、申します」あるいは「申す、申す」と言っていたのが、「もしもし」に変わったという説です。
昔の電話は性能が悪く、声がかなり聞き取れなかったために、話し始める前に何か言葉が必要だったようです。

Tags:

カテゴリ : 生活

 

このページの先頭へ