会社の社長が辞めるときは誰に辞表を出す?

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事を辞めるのにも、辞める立場によって辞表を出す相手が変わってきます。
社員が辞める場合には直属の上司に辞表を提出します。
またアルバイトが辞める場合にも責任者に辞めることを伝えますが、
社長の場合には誰に、どういった形で辞めることを伝えればいいのでしょうか?

2つのケース

社長が辞める場合には2つのケースの辞める方法があります。
まず一つ目は、もう1人代表取締役がいる場合には辞意を伝えます。
それと、もう1つの場合は1人しか代表取締役がいない場合です。
この場合には、取締役会を招集し辞意を表明します。
この場合には口頭で伝えることのほうが多くあります。

Tags:

カテゴリ : 仕事

 

このページの先頭へ