不美人をブスと言うのは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

良い言葉ではありませんが不美人な人のことをブスといいますが、
この言葉はどういった語源からきているのでしょうか?

漢字では「附子」と書き、トリカブトの中国名でもあります。
トリカブトの根には、致死量3~4ミリという猛毒のアコニチンが含まれています。
昔から毒矢に用いられ、この矢を打たれた者は数秒で倒れてしまったようです。
このアコニチンが人間の体内に入ると、神経を遮断し、顔の表情がなくなることから、「ぶすっとする」という表現が生まれ、「ブス」という言葉に繋がったと言われます。
元々は、不美人に対する言葉ではなく表情に乏しい人を指した言葉でしたが、いつのからか不美人の表現になっていきました。

Tags:

カテゴリ : 言葉

 

このページの先頭へ