雨のあとに虹ができるのはなぜ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

雨が降った後に、よく虹ができます。
なかなか見れるものではないので、興奮して虹を見にいったことがあるという人もいらっしゃるのではないでしょうか?
虹は、どうしてできるのか疑問に思った事がある人はきっと多いはずです。

虹は、太陽の光が空気中の水滴とのプリズム効果で七色に分かれたものです。
そして、虹の色の順番は外側から赤、橙、黄、緑、青、藍、紫と必ず決まっているのです。
また、虹が大きく弧を描く形であるのは、雨上がりの水滴を含んだ大気中に、空の低い位置にある太陽の光線が、
一定の角度のところで七色に屈折分解して見えるためなのです。
つまり虹は、必ず太陽と正反対の方向を中心とし、約42度の半径である半円形に見えることになるわけです。

Tags:

カテゴリ : 自然

 

このページの先頭へ