食事が1日に3食になったのは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

朝・昼・晩、3食の食事をすることは健康的…というのはよく聞かれることです。
食事を1日に3回というのは今となっては当たり前のようになっていますが、
1日に3回という食生活が日本で定着したのは最近のことです。
行く頃から1日に3回の食事をすることが定着したのでしょうか?

8世紀には朝と夜の2食でしたが、戦場で武士が3食を取ることから広がっていきましたが定着はしなかったそうです。
しかし、近年は頭脳労働をすることが多くなり、栄養が必要となり3食取るようになったと言われます。

Tags:

カテゴリ : 飲食

 

このページの先頭へ