なぜ年をとると白髪になる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

年齢とともに少しずつ増えてきて、悩む人も多い白髪ですが、
白髪について、なぜ増えてくるのか疑問に思ったことがある方は多いかと思います。
年齢を重ねれば白髪頭になるとかよく聞くけど、
若くても白髪が生えている人を見たことがある、という人も多いと思います。

一般的には、白髪が生えてくる年齢として、男性では30歳前後で女性は35歳前後といわれています。
一言で言えば老化現象ですが、個人差の違いも大いにあるので、その年齢になれば必ず生えてくるというわけではありません。
そして、老化現象といっても、身体の老化ではなく、髪の毛が老化しただけのことです。
なぜ白髪ができるのか…その事については、まだわかっていないようです。
考えられる点としては、食生活や環境が影響していると考えられ、最近では白髪の低年齢化が進んでいるそうです。
白髪はメラニン色素が生成されなくなった状態なので、マラリアや貧血症、甲状腺疾患などの病気にかかると急激に増える場合があるそうです。
尚、白髪の予防にはヨーグルト、レバー、卵などが良いそうです。逆に、アルコールやコーヒーは控えめにしましょう。

Tags:

カテゴリ : 身体

 

このページの先頭へ