砂漠でサボテンが生きていけるのは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

植物のなかでもサボテンは砂漠のなかでも生きていけることで有名ですよね。
でも、なぜ砂漠のような過酷なところで生きていくことができるのでしょうか?

サボテンは他の植物と比べて大量の水分を茎の中に蓄えています。
それはサボテンといっても生きていく上では水分は欠かせないためです。
特に砂漠のような乾燥地帯では根から吸い取れる水分が少ないので茎のなかに蓄える必要があります。
他にも水分が蒸発していくのを防ぐ仕組みがあります。
葉にトゲがあるのも、表面積を狭くし、水分の蒸発を最小限にするためと言われます。
また、サボテン自体も水を必要としないというのは誤解でサボテンは水を好む植物です。

Tags:

カテゴリ : 自然

 

このページの先頭へ