「母の日」にカーネーションを贈る理由は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

5月の第二日曜の「母の日」は日頃の母の苦労を労り、母への感謝を表す日です。
今ではカーネーションに限らずバラなども贈られることも多くありものの、
カーネーションなどを贈る人もまだまだ多いのではないでしょうか?
なぜ「母の日」というとカーネーションというほど定着しているのでしょうか?

「母の日」にカーネーションを贈る文化は、元々はアメリカから入ってきました。
カーネーションなどを贈るようになった起源は、アメリカの少女アンナが亡くなった母親の命日に母が日曜学校の教師をしていた教会で1907年5月12日に記念会をもち、白いカーネーションを贈りました。
これが日本・アメリカの「母の日」の起源と言われます。

Tags:

カテゴリ : 生活

 

このページの先頭へ