なぜ寒いとトイレに行きたくなる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

冬は寒い時など夏に比べると、トイレの回数が多くなるかと思います。
さっき行ったばかりなのにまたトイレに行きたい…という経験は誰でもあるかと思います。
寒いとトイレに行きたくなるのはなぜでしょうか?

トイレに行きたくなる理由としてまず、冬は汗をかかないためということがあげられます。
人間は、冬でも必要最低限の水分を摂取しています。しかし、寒い日には汗として蒸発する水分量が暑い日よりもはるかに少ないため、
摂取した水分と排出すべき水分の差が大きくなっていき、尿の量が多くなるということです。
また、寒い日には膀胱の筋肉が縮み、脳にトイレに行きたいという信号が誤って送られるのも原因の一つだと考えられています。
更に、体が冷えると腎臓の働きが活発になり、盛んに尿を作りだすようになります。
このような要因から、トイレへ行く回数が増えていると考えられています。

Tags:

カテゴリ : 身体

 

このページの先頭へ