缶詰のミカンにはなぜ薄皮がない?

このエントリーをはてなブックマークに追加

缶詰のミカンは、普通のミカンと違って薄皮がありません。
同じミカンなら薄皮があっても不思議ではないのに…
なぜ薄皮がないのでしょうか?

まず、外側の厚い皮は、人間が手作業で行っているわけではなく、機械でむくことができます。
しかし、薄皮は機械でも人の手作業でむいているわけではないのです。
薄皮をむくには、専用の薬品が使われるのです。
薄皮のついたままのミカンを、薄い酸液とアルカリ液に順番につけ、皮を溶かし、その後に水洗いをして缶詰にしているのです。

Tags:

カテゴリ : 飲食

 

このページの先頭へ