大仏様の髪型がパンチパーマなのはなぜ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

大仏様の髪型に、疑問を感じたことがある人は多いのではないでしょうか?
なぜ、パンチパーマのような独特な髪型なのでしょうか?

大仏様の髪型は、螺髪(らはつ)といい髪の毛が右巻きの巻貝のように固まり、へばりついています。
ちなみに、螺は巻貝のことをいいます。
仏像は、いまから2000年ほど前に現インドのマトゥーラやパキスタン、アフガニスタンのガンダーラで造られ始めたそうです。
そして、インドの伝統的な芸術観の影響を大きく受けたマトゥーラでは、髪の毛は渦巻き状に表現されました。
そして、偶然このマトゥーラで造られた仏像が中国に伝わり、更に日本へ伝わったとされています。
そのために、あの髪型の仏像が日本に多くなったとのことです。

Tags:

カテゴリ : その他

 

このページの先頭へ