重傷と軽傷の区別の仕方は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュースでも「重傷で全治○ヶ月」などのように報道されることがあります。
重傷と軽傷というと大きな違いがあるように思えます。
重傷というと字の如く、重度のケガをしていて、軽傷というとかすり傷のようなケガを思い浮かべる人もいるかもしれません。
どこで重傷と軽傷の区別があるのでしょうか?

日数で決まる

重傷と軽傷を区別しているのは、完治までに必要な日数を基準にしているそうです。
「軽傷」は30日未満で治療を終了するケガのことをいい、
「重傷」は30日以上の治療を必要とするケガのことを言うそうです。
30日前後という場合に関しては曖昧になっているところもあり、あまり定かに決まっていないようです。

Tags:

カテゴリ : 生活

 

このページの先頭へ