お茶と海苔が同じ店で売られるのは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

お茶と海苔というと共通点がありそうですが、共通点がなかなか浮かびません。
それにも関わらず一緒に売られていることが多いのはなぜでしょうか?

保管方法から

昔はお茶屋ではお茶が売られ、海苔屋では海苔が売られていました。
江戸時代の終わりからお茶屋でも海苔が、海苔屋でもお茶が売られるようになりましたが、その理由は保管方法が同じということからでした。
同じ保管方法で売れるのであれば効率がいいですよね。

Tags:

カテゴリ : 飲食

 

このページの先頭へ