なぜ、人種によって目の色が違う?

このエントリーをはてなブックマークに追加

国や人種などによって目の色が異なっているのはなぜなのか。
当たり前のように人種によって目の色が異なりますが、気になったことがある人も多いかと思います。
なぜ、目の色が異なるのでしょうか?

目の色は虹彩と呼ばれる部分に含まれる色素の量によって決まっています。
色素が一番多いのが黒、次に茶色、青い目は色素がないために、目の奥が透けて見え、
一般に、欧米人は虹彩の色素が少なく、目の色が薄いので昼間は眩しくて仕方がなく、サングラスをかける必要があるようです。
そして逆に、彼らは獣のように夜目がきくということです。
人種などによって目の色が違うのは、遺伝によるもので両親の遺伝子によって子供の目の色が決まってくるようです。

Tags:

カテゴリ : 身体

 

このページの先頭へ