病院・医院・診療所はなにが違う?

このエントリーをはてなブックマークに追加

小さい頃からお世話になることの多い、病院やいいんですが、
呼び名について深く考えたことがあるでしょうか?
病院・医院・診療所と呼び名がいろいろとありますが、
いったいなにが違うのでしょうか?

病床の数

病院というと大きいイメージが沸くかもしれません。
これは、医療法で区切られていて、患者20人以上収容する医療機関 を病院、
そのなかでも100人以上の患者を収容でき、内科、外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科を含む医療機関は総合病院と呼びます。
総合病院と呼ばれるためには、他にも図書館、研究所などの設置も義務づけられているようです。

少し脇道に話がずれてしまいましたが、まず病院は病床数20床以上の入院施設(病棟)を持つものをいいます。
診療所は入院させるための施設がないか、19人以下の患者を入院させるための施設をいいます。
最後に医院は主に病院や診療所などの名称に使われていて、日本では法律では規制されていない名称のため自由に使うことができる名称です。

Tags:

カテゴリ : 生活

 

このページの先頭へ