ウインナーとフランクフルトの違いは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウインナーとフランクフルト…一見同じものを指すようにも思えますが、同じなのでしょうか?
ウインナーとフランクフルトの違いを聞かれても上手く答えられない方も多いのではないでしょうか?

ソーセージはミンチした牛・豚など動物の肉に調味料とスパイスを混ぜて腸に詰めて作られたものです。
ウインナーはオーストラリアのウィーンです。
フランクフルトはドイツでボロニアはイタリアで作られるその地方特有のソーセージです。
これらは、それぞれ地名が名前になっています。
日本では、日本農林規格で腸の種類または製品の太さによって分類されています。
ウインナーソーセージは羊の小腸に詰めたものです。
フランクフルトは豚の小腸に詰めたものです。
ボロニアは牛の小腸に詰めたものです。
もう一度まとめると下記のような感じです。

ウインナーは羊腸を使用したもの
フランクフルトは豚腸を使用したもの
ボロニアは牛腸を使用したもの

しかし現在は腸を使わず、人工の皮を使った製品がたくさんあり、その場合は太さによって、
ウインナー 20ミリ未満
フランクフルト 20ミリ以上36ミリ未満
ボロニア 36ミリ以上
と上のように定められているようです。

Tags:

カテゴリ : 飲食

 

このページの先頭へ