白バイ

今でこそ当たり前のようにある白バイですが、
今のような白バイが登場したのは大正7年からです。
ですが、当時は白バイは今のような白ではなく、ボディやハンドルまで赤色でした。
赤色のバイクは赤バイと呼ばれていたようです。
なぜ、赤色から今の白色になったのでしょうか?
他も読む »

 

このページの先頭へ